» 【英語4技能試験対策】グラフに強くなろう第3回:読み取るときのコツ2点

新テスト・英語民間4技能試験対策サイト

コラム

【英語4技能試験対策】グラフに強くなろう第3回:読み取るときのコツ2点

2018.12.20

グラフの読み取りポイント

問題の中でグラフが出題されたときに、そこから何を読み取ればいいのでしょうか。この記事では、グラフを読み取るポイント2点を紹介します。

第2回:グラフの種類と使い方の注意点

【英語4技能試験対策】グラフに強くなろう第3回:読み取るときのコツ2点

① 目につくところを見つける

グラフはデータの特徴を視覚的に理解してもらうためのものですから、グラフの「目につくところ」に読み解くヒントがあります。例えば、

絶対量や割合を比較するグラフ→「最大」と「最小」となっているところがポイントです。

変化を表わすグラフ→「単調な変化(増加または減少)」か「複雑な変化」かをまず確認し、「複雑な変化」の場合は「変曲点(増加から減少、あるいは減少から増加に転じているところ)」がポイントです。

なお、絶対量や割合に大きな差がないときや目立った変曲点がないときは、「違いがない」「変化がない」ことがデータの特徴となります。(これも立派な特徴です)

②理由を求められたときは、複数の情報を統合する

問題によっては特徴を抽出するだけでなく、その特徴が表れてきた理由を答えさせる場合もあります。そんなときは、「情報の統合」が必要です。

問題にはグラフがひとつだけ示されることはなく、必ず文章や他の資料(グラフ・表・イラスト等)も同時に与えられます。そのような複数の情報を関連づけることで、特徴の理由がわかるようになっています。変化を表わすグラフが複数与えられている時は、それぞれのグラフが示す変化の間に関連があると推測されます。

たとえば、次のようにチョコレートの「世帯当たり月別支出額」と「月別輸入量」に関する2つのグラフが示されたとします。

チョコレート折れ線グラフ

上のグラフからは、特異点となっている2月のデータが目に入ります。

チョコレート棒グラフ

次のグラフからは、9月~1月にかけて輸入量が増えているのが分かります。

そこで、この2つのグラフの関係を考えるため両方のグラフを重ねてみると、「輸入量の増加時期」⇒「支出額(売上額)」が連続していることに気づきます。

チョコレート重ねたグラフ

つまり、「チョコレート月別輸入量」は、2月にむけてチョコレートがよく売れるのを見越して、輸入量も増加していた、という関連が考えられます。

このように理由や原因、あるいは結果などを答えさせる問題の場合は、各資料のポイントを適確にとらえて、それらを論理的に結びつけて結論づけることが大切です。なぜ2月にチョコレートが売れることを見越して輸入するかはわかりますね? 言うまでもなく、「バレンタインデー」があるからですね。理由や原因を推測するためには、世の中の流れや一般常識を身に付けることも必要です。


いかがだったでしょうか? これまでグラフ問題は苦手だったという方もいると思いますが、グラフはポイントに着目して読み取る練習を積めば、案外簡単に攻略できます。

グラフの読み取り法・活用法を理解したら、あとはそれを英語で表現する力をつければよいのです。それについては、ぜひ、以下記事も合わせてお読みください。

グラフ問題の対策記事
IELTS・TEAPのライティングで確実に使えるグラフ表現方法!
TEAPリーディングPart2A図表の読み取りはグラフ読解力が肝!

 

タグ一覧

人気記事

1
学習法・勉強法

読めば一発でわかる!英語の学習意欲を高める「英検CSEスコア」とは?

2
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

3
学習法・勉強法

英検®︎準2級二次試験の面接パーフェクトガイドを読め!

4
学習法・勉強法

英検®︎2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

5
学習法・勉強法

英検®︎3級二次試験は中1英語で合格!スピーキングでパニックにならないための面接シュミレーション!