» GTEC CBTリスニングで要点をつかむための練習法

新テスト・英語民間4技能試験対策サイト

学習法・勉強法

GTEC CBTリスニングで要点をつかむための練習法

2015.06.17

GTEC CBTリスニングセクションに求められる力とは

最近、大学入試でどんどん活用が進んでいるGTEC CBTは、いま大注目のテストです。今回は、そんなGTEC CBTのリスニングセクションで求められる、「話の全体像をざっくりと理解する力」をのばすトレーニングを紹介します!一見むずかしそうに思えますが、準備さえすればこわがる必要はありません。がんばっていきましょうね。

so what?トレーニングで全体把握の練習をしましょう!

 

GTEC CBTでは、大学生活の中で頻出のテーマが出題されます。つまり、主に「スケジュール管理、講義の内容理解、そして友達との会話」など、大学生活に深く関わるテーマでリスニングの問題が出されるのです。こういったテーマで特に大事なのは、問題文を聞き終わった後に、「つまりなにが言いたいの?」をきちんと理解できることです。今回は、GTEC CBTのリスニングセクションの対策法として、”so what?(だからなに?)トレーニング”を紹介します。

so what?トレーニングの教材

それではso what?トレーニング、スタートです。ニュース・テレビ番組・ドラマ・映画など何を教材に使ってもOKです。

入門編はNHKニュースの副音声がオススメです。

みなさん、副音声って知ってますか? NHKの副音声は、主に日本語を母語としない人たちのために、ニュースの副音声で英語の同時通訳を行っているのです。これなら画面や字幕は日本語のまま、音声だけを英語に変えることができます。何度も聞きたい人は、多重音声にして録画してもいいですね。

講義形式ならTEDが効果的です

講義形式でおすすめは、TEDです。理由は、学者さんたちが、講義に近い形でさまざまなトピックについてプレゼンテーションしているからです。リンクでは日本語字幕に対応しているプレゼンテーションが表示されますが、英語版でも構わない方はこちらをご覧ください。

最新ニュースについてならNPRが便利です

最新ニュースを教材にしたいあなたにオススメなのがNPRです。こちらはアメリカの公共ラジオであり、無料でニュースを選んで聞くことが可能です。

教材は短めで興味のあるものから挑戦しましょう

はじめから10分以上のリスニング教材に挑戦すると、挫折します。初めは誰でもついていくのに必死です。だから嫌になってしまう前に、まずは短く、自分が興味を持てるものから挑戦しましょう。長さは2-3分から長くても5分位のものをまずは選んでみましょう。

so what?トレーニングの内容

  1. 教材を字幕なしで聴く(TEDなど、映像があるものの場合)
  2. 「いつ」「どこで」「だれが」「なにをする」に注目しながら、汚い字でもいいので簡潔にメモをとる
  3. 終わった後に自分に対して”so what?(だからなに?)”と問いかけ、1文で答える。その際、2.で注目したことを全部含めた文にする
  4. どうしても”so what?”に答えられない場合は教材の英語字幕をつけてもう一度2.と3.を行う
  5. それでもだめなら日本語字幕をつけてもう一度2.と3.を行う

まとめ

  • GTEC CBTのリスニングに求められるのは大学生活で直面するテーマにおいて「なにが言いたいの?」を理解する力です
  • ”so what?トレーニング”で「なにが言いたいの?」と問いかけるクセをつけましょう
  • はじめはわからなくても心配しないでください。リスニングは日々の積み重ねなのです!

ベストティーチャー GTEC CBT対策コース
  • 4技能試験対策スクール

タグ一覧

人気記事

1
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

2
学習法・勉強法

英検2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

3
学習法・勉強法

英語で小論文を書きたい人必見!英作文が上手くなる3つの方法

4
2018年4月入学入試

【2018年4月入学入試】TEAP利用型入試で上智大学に合格したいなら初めに読む記事

5
学習法・勉強法

【新形式】 英検準1級ライティングを攻略!その変更点と必勝ポイントは?