興味ないことを勉強するコツ4つ!知れば知るほどやりたくなる?

ベッティのおしおき相談室

勉強のモチベーションを上げるための連載企画「ベッティのお仕置き相談室」です。インターナショナルスクールに通う女の子ベッティが高校生の男の子田中翔(たなしょう)の英語学習に関する悩みに、少し辛辣なアドバイスを送ります。

今回のテーマは「興味がないことを勉強するには?」です。今回はベッティのパパも登場します。

興味が無いことを勉強するには?

ある日の昼下がり。翔の家では、翔の父親が会社の同僚を招いてバーベキューパーティを開催中。翔は来客と簡単な挨拶を交わした後、もっぱら1人で食事に専念していた。

ベッティ
Hi、翔
なに1人で黙々と食べてるのよ(笑)
たなしょう
うわ!なんだベッティか
ベッティパパ
せっかくみんなでバーベキューしてるのに1人でいるなんてもったいないよ
ベッティ
そうよ!一緒に食べましょっ

バーベキューにはベッティ親子も来ていた。実は翔の父親とベッティの父親は同じ会社に勤めており、その影響で2人は顔見知りになった背景がある。

ベッティ
ところで翔、この前(第2話)言ってた学校の課題は順調?
たなしょう
おかげさまで、まずまず進んでるよ!思ったようにいかないこともあるけど…

コツ① 言われなくても自主的に学ぶ

ベッティ
今度は何が問題?
たなしょう
興味がない内容だと、どうしてもやる気が出ないし覚えられないんだよね〜
ベッティパパ
翔、興味は生み出すことができるんだよ
たなしょう
なーに言ってるんですか!
ベッティ、君の家族はみんな意味深なことを言うの?
ベッティ
そんなことないわよ(笑)

ベッティパパの意外な発言にとまどう翔。

ベッティパパ
教わることと、興味を持って自分から学ぶことの違いは何だと思う?
たなしょう
んー、授業とかで「教わったこと」はすぐ忘れちゃうな

ベッティ
家庭科の内容はよく覚えてるじゃない
パパ、翔は手芸部に所属していて家庭科が得意なの
評定は最高評価の5なんだから
ベッティパパ
すごいじゃないか翔!
じゃあ、好きな家庭科とそれ以外の教科を勉強するときは何が違う?
たなしょう
好きなことは自然にやる気が湧くから誰かに言われなくてもやるけど
そうじゃないことは先生や母ちゃんに言われないとやらないですね
ベッティパパ
好きなことは「自主的」にできるってことだ
「自主的」に学ぶほうが教わるより記憶に残りやすいんだよ

コツ② 好奇心を感じるようにする

ベッティパパ
「好き」「自主的」「覚えやすい」の関係を整理してみよう
好きだからこそ自主的にやるし、自主的にやるから覚えやすい

好きだからこそ自主的にやるし、自主的にやるから覚えやすい

たなしょう
ってことは、好きになって興味を生み出せってことですか?!
それができないから困ってるんですよ〜
ベッティパパ
そう結論を急がないで
「自主的」になるには「好き」かどうかは重要じゃないんだ
ベッティ
「好き」じゃなくても「知りたい」と思えば「自主的」になるわ
たなしょう
好きでもないことを知りたいと思うか?
ベッティ
「怖いもの見たさ」って言葉があるし、嫌いな人の情報が気になっちゃうことあるでしょ?
関心って好きかどうかだけで決まるものじゃないのよ
たなしょう
確かに!嫌いなものでも知りたくなる!

コツ③ 事前知識をもつ

ベッティパパ
「自主的」になれるのは「好奇心」を感じるときだ
そして好奇心は「新しいもの」「意外なこと」「複雑なもの」などに感じることが多い
「これは知らなかったな」「不思議だな」「どうなってるんだろう」と思うときを見逃さないことが大事だ
たなしょう
その3つって、比べる対象の情報がないと感じないじゃないですか
ベッティパパ
そう!既に知っていることと比べて差を感じるときに好奇心を感じるんだ
ベッティ
つまり好奇心を感じるためには、比べるための「事前知識」をもっている必要があるってことね
確かに、自分が知ってる内容がテレビで紹介されてたら気になっちゃうわよね

コツ④ 何度も出てくる内容に注目する

たなしょう
興味が起きないのは、それまで身につけた知識がいい加減で、新しい知識と比べられないからだったのかな?
ベッティパパ
よく気がついたね
真剣にやっている内に興味は自然と出てくるものなんだ
初めはその分野について何も知らないんだから、興味がわかなくて当然なんだよ
たなしょう
なら、今まで勉強したことを全部勉強しなおさなきゃだめだよね….
ベッティ
そんなのってできるのかしら?
たなしょう
そこは根性でしょ!
ベッティ
この間(第2話で)『根性じゃだめ』って話したじゃないの笑
やり方を変えるたびに、最初からやり直すのはうまくいかない典型よね
たなしょう
じゃ、どうしたらいんだ?
ベッティ
新しく勉強することと比べるために必要なんだから
新しい内容を勉強すると同時に、今まで勉強してきたことも見直せばいいんじゃない?
たなしょう
でもそのやり方じゃ、見直せないまま穴になっちゃうものも出てくるよね?
ベッティパパ
何度も出てくることは、それだけ大切なことなんだ
だから「また出てきた」と思ったら、それは重要のサインだと思って覚えればいいんだよ
たなしょう
新しい内容を勉強するときに、それに関連する内容を見返すのか….
ベッティ
そうすれば、重要なところほど繰り返し復習するから、ベースとなる知識を無理なく覚えられるわね!
そう言えば、日本語の「分かる」は「分ける」という言葉からできたって聞いたことがあるわ
たなしょう
というと?
ベッティ
何かが分かるというのは、それとほかのものとを区別できるということでしょ。つまり「分かる」は「分ける」ことなのよ。
たなしょう
ベッティはボクより日本人らしいなー、すごいよ
ベッティ
あ、ありがとう

何かを学ぶというのは、まっさらな白紙に文字を書き込むものではなく、今まで書いてきたノートの余白に、関係する内容を書き加えていく作業だ。

書き込みが多くなるほど、それに関する知識が増え、知識同士の違いも明確になっていく。これが「理解」ということ。理解が深まれば、新しい知識に出会ったときに違いがはっきりと分かり、好奇心が呼び起こされる効果も高くなる。

第3話のポイントまとめ

スポーツでもゲームでも「できるようになってくると楽しくなる」なんてことはありませんか?それを勉強に応用すればモチベーションアップに繋がりますよ。

コツ① 勉強は「自主的」に学べば忘れにくく、やる気も湧く!

コツ② 「自主的」に学べるのは、「好奇心」を感じるとき!

コツ③ 「好奇心」を感じるには、あらかじめその分野についての事前知識をもっている必要がある!

コツ④ 事前知識を身につけるには、何度も出てくる内容をその都度復習して、徐々に覚える!

たなしょう
これでもう問題はない!
ベッティパパ
ちょっと気になってたんだけど、翔にはもう1つ知ってほしいことがある
翔は「効率」のいい勉強にこだわりすぎているんだ
たなしょう
効率はいいほうがいいに決まってるじゃないですか!
ベッティパパ
「効率」を重要視する人は多いけど、はじめから「効率」のことばかり考えていてはだめなんだよ
たなしょう
ええっ、またボクの常識が崩れていく予感がするよ〜

翔の意識改革は次回に続く。次回のテーマは「勉強は、質か?量か?」です。次回記事はこちら▼

この記事を誰かに共有する