【ベッティのおしおき相談室】留学せずに英語を使えるようになる方法

インターナショナルスクールに通う女の子ベッティが高校生の男の子田中翔(たなしょう)の英語学習に関する悩みに、少し辛辣なアドバイスを送る「ベッティのおしおき相談室」。

今まで数々の役立つアドバイスをたなしょうにしてきたベッティですが、今回は「海外に行かないと英語は使えるようにならないのか?」という疑問に答えてくれるようです。
アメリカで日本語を習得したベッティから、ベッティ自身の経験に基づいた海外に行かずに英語を上達させるヒントをもらえますよ。

英語学習をしていると「英語がうまく使えない」「留学しなきゃ英語は話せるようにならないのか?」という悩みを持つことがありますよね。ベッティからのアドバイスを活用して、海外に行かずに英語を上達させる方法を学びましょう。

おや?あそこに見覚えのある男の子がいますが、どうやらお困りの様子……。

海外に行かなきゃ英語は話せるようにならない?

見知らぬ外国人
Excuse me! Could you do me a favor? I would like to know how to get to Yoyogi Park. I guess it’s around here, though I cannot see it.
たなしょう
え!ああ……ええと……。
I’m sorry, I don’t know.
見知らぬ外国人
Oh. Okay then, I’ll ask someone else. See you!
たなしょう
ああ、bye.
はあ……。急に話しかけて来られるとなにも言葉が出てこないや。
最近英語頑張ってるつもりだったんだけどな……。
ベッティ
あら、翔じゃない!
なに落ち込んでるのよ
たなしょう
いや、さっき外国の人にいきなり話しかけられたんだけど、何言ってるのかさっぱりわからなかったんだ。
ベッティ
なによ、そんなことで落ち込んでたの?
たなしょう
そんなことって!ベッティはバイリンガルだからこの気持ちがわからないんだ!
やっぱり海外に行くしか英語を上達させる方法はないのかな……。
ベッティ
そんなことないわよ、私は日本語をアメリカで学んだんだもの。
たなしょう
え!?そうなの!一体どうやって勉強したんだよ!
ベッティ
しょうがないわね、教えてあげるわ。

日本にいても英語を上達させる方法

ベッティ
言語には4技能あるわよね。
たなしょう
「聞く」・「読む」・「書く」・「話す」の4つだね。
ベッティ
そう。だからまず「聞く力」と「読む力」を鍛えた方法について話していくわね。

英語を「聞く力」を鍛える

たなしょう
ボク、リスニングの練習を学校でしているけどちっとも上達しないよ?
ベッティ
それは翔が英語を日本語と同じように聞くことができていないからよ。
たなしょう
え!?でもちゃんと聞けるように、スクリプトを見てわからない単語とか表現とかの意味を調べてるよ?
ベッティ
現実の会話で文字が字幕みたいに出てくるなら問題ないけどね。
さっき話しかけられた時、何がわからなかったのかしら?
たなしょう
それは、単語は聞き取れたものもあったけど、それがどういう状況を表わしてるのかは全くわからなかったことかな。
ベッティ
それがわかってるなら話は早いわ。 一番の問題は英語を聞いて情景が頭に浮かばないことなのよ。
たなしょう
映像が頭に浮かぶ?
ベッティ
たとえば、「庭で白い猫と黒い猫がじゃれあっている」って聞いたら、すぐに映像が頭に浮かぶんじゃない?
たなしょう
本当だ!
それと同じ状態を、英語を聞いたときにも作り出せればいいってことだね!
ベッティ
そういうこと。 英語をなんとなく聞くんじゃなくて、頭にその情景やイメージを思い浮かべながら聞くといいのよ。
たなしょう
でも具体的にどうすればいいのさ?ベッティみたいに毎日家で外国語が聞ける環境じゃないし。
ベッティ
まずはとにかく英語を多く聞くことね。 限られた時間や限られた場所でしか英語に触れないから、突然英語に出会うと耳が驚いてしまって、英語の音についていけないの。だから、 英語が耳に入る環境を作ることで日本にいても英語に多く触れられるし、耳が英語に慣れてくるわ。
たなしょう
なるほど。
ベッティ
翔って電車通学よね?いつも電車でなにしてるの?
たなしょう
え……インスタチェックしたり、動画見たり……。
ベッティ
はあ、もっと時間を有意義に使いなさいよ。
たなしょう
ほ〜い。
ベッティ
電車に乗るっていう行動は毎日習慣化されたものでしょ?そこに英語を組み合わせるの。
私の場合みたいに毎日家で外国語を聞く環境が無くたって、英語に毎日触れられる環境が作れるわ。
たなしょう
英語を聞くことを生活の一部にして、当たり前のことにするってことだね!
ベッティ
そういうこと!
毎日この量だけは聞くって決めておいて、習慣に組み込んでしまえばいいのよ。
たなしょう
でもそれだけで、英語を聞いた時に映像が頭に浮かぶようになるのかな?
ベッティ
一つの方法としては、わからない単語が出てきた時に、イメージと一緒に覚えるようにするといいと思う。具体的なものならば、画像も一緒に調べてみるとかね。
ベッティ
抽象的な意味の単語ならば、よく似た意味の単語との違いを意識してみるといいわ。違いがわかるようになると、単語のイメージがはっきりしてくるの。 たとえば、日本語の敬語って外国人には難しいのよ。「言う」と「おっしゃる」は同じ意味だけど、相手が目上のときは「おっしゃる」を使うわよね。だから「おっしゃる」を覚えるときは、相手を先生にすると違いをイメージとして覚えることができるの。
たなしょう
確かに、ボクもそれよく間違えるな
ベッティ
そして、単語のつづり・発音・イメージがすべて頭の中で連結するように覚えるの。
たなしょう
なるほど。
英単語をイメージが頭に浮かぶように覚えるんだね。
確かにそれなら単語を聞いた時に映像が浮かぶようになりそうだ!

英語を「読む」力を鍛える

たなしょう
「聞く力」の鍛え方はわかったけど、その次は?
ベッティ
「読む力」ね。
たなしょう
英文って、読んでると眠くなってきちゃうんだよなぁ。
ベッティ
翔は日本語読んでても寝ちゃうでしょ!
まあいいわ、眠くなってしまうのはどうしてかしら?
たなしょう
それは、つまらないからだよ。
興味が持てないんだ。
ベッティ
あなたって本当に学習しないわね。
この間(過去記事第3話)パパから教わった興味を出す方法を忘れたの?
たなしょう
お、おぼえてるよ!
好きなことは自主的に覚えやすいってことでしょ?
ベッティ
そうよ。
翔は手芸が好きでしょ?だから手芸と英語を一緒に学べばいいのよ!
たなしょう
えっと、どういうこと?
ベッティ
たとえば、翔がぬいぐるみを作ろうと思った時どうする?
たなしょう
そうだね、まずぬいぐるみの作り方を調べるかな。
それから型紙を作って、生地を仕入れて、細かいパーツも……。
ベッティ
そこまででいいわ! 興味のあることについては、すぐに調べたくなるでしょ? 好きなことを英語で調べるようにすれば、自然と英語が目に入る環境が作れるわ。
たなしょう
なるほど!それなら眠くならなそうだ!
ベッティ
私は日本の歴史に興味があったから日本語で日本史について調べまくってたわ!特に渋沢栄一がもう本当にかっこよくって……。
たなしょう
日本史の話は良いよ!僕わかんないし。でも、それだけで読む力って鍛えられるの?
ベッティ
もちろん鍛えられるけど、充分じゃないわね。 英文を読むことに慣れてきたら、もう少し内容の難易度を上げて読む量も増やしていくといいわ。
たなしょう
たとえばベッティはどんなものを読んでたの?
ベッティ
私は短い小説を読んでたわ。一話が30ページくらいの短編小説を読むようにしてた。それに慣れてきたら、新聞の見出しを見て興味のある記事を1つか2つ毎日読むというふうにしていたわ。
たなしょう
なるほど。参考までにベッティが読んでた本教えてよ!
ベッティ
私が初めて読んだ日本語の小説は、江戸川乱歩の『日記帳』だったわ。ネットで読むことができたし。
英語の本だったら、簡単な英語で書かれている短いエピソードがペンギンブックスから出てるから、そういったものを読むのがオススメね。
たなしょう
少しずつ自分の興味のある分野以外のものに触れて、読む量も増やしていくんだね。
ベッティ
そういうこと!翔だったら、手芸のレシピを英語で読むのに慣れてきたら短めの小説へというように難易度をあげて、量を増やしてみたら?少しずつなら無理せずできそうでしょ?
たなしょう
確かにそうだね。
帰ったら早速ためしてみよう!
それでベッティ、次の「書く力」の鍛え方は……。
ベッティ
あら?電話だわ。
誰からかしら。
ベッティ
あ、パパからだわ。今日は早く帰って来てって言われてたの忘れてた。もう行かなきゃ!
たなしょう
えええ!ボクの英語力強化作戦はどうなっちゃうんだよ!?
ベッティ
また今度ね!それまで今日教えたことちゃんと継続するのよ!
まあ、たまに英語の練習相手になってあげてもいいけど?
たなしょう
おお!助かるよ!またね、ベッティ!!
ベッティ
ち、ちゃんと勉強するのよ!

ポイントのおさらい

英語力を鍛えるためには、英語に触れる環境を作ることが大切だということがわかりましたね。

それぞれの技能ごとにポイントをおさらいしましょう。

聞く力

・英語を聞く時に、頭の中に情景やイメージを浮かべながら聞く

・一日の中で、英語を聞く量を決めて習慣化する

読む力

・興味のあることや好きなことをきっかけに英文を読む習慣をつくる

・興味のあることを英語で検索する

・短い英語の小説やニュースなどを読んで、段階的に難易度を上げ読む量を増やしていく

次回は、ベッティが「書く力」と「話す力」の鍛え方を教えてくれるようです。

4技能はそれぞれが独立したスキルではなく、どれかを鍛えると他の技能も向上するというように関わり合っています。

今回ベッティから学んだ「聞く力」と「読む力」を向上させる方法を実践すれば、次回紹介する「書く力」と「話す力」の伸びも良くなるはずなので、ぜひ実践してみてください。

【過去記事】

連載第1話「わかっちゃいるけど、始められない」のはなぜ?
連載第2話「できないのは、根性がないからか?」
連載第3話「興味がないことを勉強するには?」
連載第4話 勉強の「効率」にこだわるのは間違い?
連載第5話「集中を維持できる、ブロック式勉強法とは?」
連載第6話「休憩がいらない?ブロック式勉強法の特徴とは」

この記事を誰かに共有する