» 【TEAP受験体験記vol.6】結果発表!スコアシートの解説と高得点への勉強

新テスト・英語民間4技能試験対策サイト

チャレンジ企画

【TEAP受験体験記vol.6】結果発表!スコアシートの解説と高得点への勉強

2018.01.04

近年、大学入試のための英語4技能試験TEAPは多くの私立大学で採用されています。(TEAP試験概要
これまで5本の記事で、現役東京外語大生がTEAP CBTとTEAPを受験した感想や、結果分析、参考書などをご紹介してきました。今回は、12月3日に受験したTEAPの試験結果を振り返り、分析した上で、TEAPスコア300/400点以上(各技能75点以上)を取るための勉強法をご紹介します。
TEAPスコアを300点取ると、上智大学の全ての学部・早稲田大学・明治大学・青山学院大学など、TEAP利用型受験を採用している学部受験ほぼ全てに出願可能です。
これから大学受験を控えている高校生には、TEAP利用型受験を活用して他の受験生と差をつけるチャンス!必見です!

TEAP受験体験記第6弾 ついにTEAPの結果発表です!

 

流れ 記事の内容  
TEAP CBT 第1弾 東京外語大生がTEAP CBTに挑戦してみる!  
第2弾 TEAP CBTを受験して気づいた当日の<要注意点>  
第3弾 CBTの結果発表!スコアの味方と弱点分析  
TEAP 第4弾 東京外大生が挑戦!〜申し込み方法と試験概要の解説〜  
第5弾 受験生が絶対に知っておくべき当日の流れと注意点  
第6弾 結果発表と試験の分析  ←今ココ
まとめ TEAPとTEAP CBTの比較  

結果発表

12月3日に行われたTEAP試験の結果が発表されました。結果はインターネットで試験の約1週間後から順次閲覧できますが、オンライン発表の約10日後にはスコアレポートが郵送されます。

気になる結果は、

ジャン!

ベッティ

ふーん。これがスコア表ね。どこを見れば良いのか分からないよ。
このスコア表にはいろんな数字が書いてあるけど、スコア・CEFR・CSEってなに?

たしかに、色々な数字があってどこを基準に見れば良いのかが分かりにくいですね。ではここでスコア表の見方をご紹介します。

(TEAP)スコア

技能別に出されるスコアです。各技能20~100で算出されます。TEAP利用型受験を取り入れている大学はこのTEAPスコアを基準にしている大学がほとんどです。TEAP利用型受験で有名な上智大学では、このスコアを4技能分足した合計スコアで、どの学部に出願できるかが変わってきます。その他TEAP採用大学に関する詳細はこちら

CEFR

“Common European Framework of Reference for Languages”の略で、世界的に使用されている言語能力を示す数値です。TEAPでは、A1からB2までの間でバンドレベルを算出されます。B2は英検準1級相当、B1は英検2級相当、A2は英検準2級相当を表わします。

CSE

“Common Scale for English”の略で、CEFRと関連性を持っています。CEFRのA2からC2までの範囲を4技能各100点とし、合計0点から400点に尺度化したものです。英検をはじめとした英検協会の各種試験だけでなく、国内外の資格・検定試験もCSEスコアで示すことを目指しています。(詳しい内容は「読めば一発でわかる!英語の学習意欲を高める「英検CSEスコア」とは?」をご覧ください。)

※TEAPのスコアシートの見方はこちらもチェック!

結果分析

ここからは、各技能別に試験結果を詳しく見ていきます。スコアレポートには、スコアやレベルだけでなく、各技能の受験者の弱点などが分析され、詳しく書かれています。また、”Can-do statements”という項目には、獲得したスコアに対応して、現在の英語力で具体的にどのようなことができる(可能性が高い)かの目安が書かれています。

リーディング

ベッティ

スコア:77/100、CEFR:B2、英検なら準1級、IELTSならスコア5.5~6.5くらいね。

〜スコア表〜

リーディングでは、3つの項目に分けてそれぞれ評価されています。

〜感想〜

試験形式を理解して臨んだため、戸惑うことはありませんでした。しかし、後半の長文問題で知らない単語が多く出てきて時間をかけてしまい、最後の方の問題は急ぎ足で解きました。それが77というスコアに響いたのでしょう。しかし、CEFRではB2を取ることができたので、全体的に平均点が低めの難しい試験だったのだと考えられます。

〜スコア75点以上を取るための勉強法〜

“Vocabulary and language knowledge”(語彙・語法)

TEAPの語彙・語法問題では、単語を単独で丸暗記しただけでは解けないように、日本語では似たような意味になる単語が選択肢に並べられていることがあります。ひとつの単語で違った意味を持つ単語もあるため、丸暗記ではなく、文中で運用しながら覚えることで応用力が身につくでしょう。例えば、”check out”は、日本でもホテルの「チェックアウト」の時に使いますね。英語でも日本語と同じようにも使いますがその他に、「検査などで調べる」という意味もあります。単語帳には複数意味が記載されているはずなので、英単語を覚えるときは、単語の代表的な意味だけでなく、2つ目、3つ目の意味まで覚えるようにしましょう。単語帳は「英単語ターゲット1900」や「DUO3.0」など普通の大学受験勉強のためのもので十分です!また、複数の意味をもつ間違いやすい英単語に多く出会うためにも、“The Japan Times”や”The New York Times”などを読み、さまざまな種類の英語に触れる機会を増やすとより良いでしょう。

“Comprehending short texts”(短い文章の理解)

短い英文理解の問題では、英文の重要な単位であるパラグラフの構成を知って、そのトピックを正確に理解するための論理的思考力が試されています。普段から長文問題を読む際、パラグラフごとに簡単な英文1文程度で、主題をまとめる練習をしましょう。パラグラフには詳しく説明するための具体例などが含まれるので、要点のみに注目して要約します。文章全体がどのような流れになっていくのか追って読み進められるようになり、要約力も身につけることができます。

“Comprehending extended texts”(長い文章の理解)

長文理解の問題では、筆者が伝えようとしている重要な情報をしっかり捉え、どのような展開になるのか推測して読む必要がありますパラグラフごとの最初の文(トピックセンテンス)で筆者の主張が書かれている場合がほとんどなので、そこを確実に読み取りましょう。”Firstly”や”Secondly”のような副詞が目印になるので注目しましょう。その上で、全体の話の流れが理解できないと、全体に関連した問題に苦戦してしまいます。トピックセンテンスを読み取る練習の他に、それぞれのパラグラフの繋がり(問題提起がされている1つ目のパラグラフに対して、2つ目では解決策が述べられている、など)を考えながら長文を解く練習をしましょう。

リスニング

ベッティ

TEAPスコア:74/100、CSE:B1、英検なら2級、IELTSならスコア4.0~5.0くらいね。

〜スコア表〜

リスニングでは、2つの項目に分けてそれぞれ評価されています。

〜感想〜

決して簡単な試験ではありませんでしたが、特別難しかったというイメージもなかったので、間違った問題が多いことに驚きました。8割くらいは取れただろうと思っていたので、B2レベルに入れず悔しいです。

〜スコア75点以上を取るための勉強法〜

“Comprehending short dialogues and monologues”(短い会話や英文の聞き取り)

短い英文を聞く問題は、選択肢が印刷されていないため、英文の中でも重要な部分をしっかりと聞き取る必要があります。そのために、逆説の後には重要なことが述べられることが多いので聞き逃さないようにしましょう。また、例を挙げている問題は”for example”などのキーワードを、年号や数字が使われている場合はそれが何を示す数字なのか、などポイントとなる部分を意識しながら聞く練習をしましょう。少し英文が長くなったり、知らない単語が増えると、音声についていけなくなってしまうので、普段から幅広い分野の長めの英文に慣れておきましょう。そのために、“TED”やBBCの”6minutes English”などインターネットサイトで、音声を聞いて耳を慣らすとともに語彙力を増やしましょう。実際に書いてある英語と、読まれる英語では音の省略などで聞こえ方が異なることが多いです。例に挙げたサイトではスクリプトを見ることができるので、音声とスクリプトと照らし合わせながら何度も聞く練習をしましょう。

“Comprehending extended dialogues and monologues”(長い会話や英文の聞き取り)

問題に、状況・質問・選択肢が印刷されているので、あらかじめ目を通してから音声を聞くことで、重要なポイントを聞き逃さないようにすることはできます。しかし、音声が長いので、最後までしっかり聞くための集中力や、英文を聞きながら重要点を把握する力が必要です。また、社会的トピックからの出題が多いため、普段から教育・環境・経済などの分野に慣れて、それぞれの分野ごとに注目すべき単語を知っておくと、より高い点数につなげることができそうです。声に出して英文を読みながら英語を英語のまま理解できるように音読練習をしたり、CNNやBBCのような英語のニュースを聞いて社会的トピックに関する英単語に触れましょう。

ライティング

ベッティ

TEAPスコア:85/100、CSE:B2、英検なら準1級、IELTSなら5.5~6.5くらいね。

〜スコア表〜

ライティング試験はタスク別のアドバイスと、”Main ideas”(課題の要点)、”Coherence and Cohesion”(全体の文章構成・文と文のつながり)、”Lexical range and accuracy”(語彙の範囲と正確さ)、”Grammatical range and accuracy”(文法の範囲と正確さ)の5つの項目で評価がされていました。

〜感想〜

課題で与えられた文章は2つとも知らない単語は無く、理解できました。70分間で2問と制限時間に余裕があると感じました。しかし、与えられた時間を十分に使い、要点を落とさず伝えられているか、自分の言葉で説明できているか、時間をかけて確認しながら解けばより高得点が取れたのではないかと思います。

〜スコア75点以上を取るための勉強法〜

TaskA(内容要約問題)

要約問題では、与えられた文章を正確に理解し、パラグラフの要点を見つけた上で、より伝わりやすく書く必要があります。英文を読む際、パラグラフの中で抽象的に要点が書かれたトピックセンテンス(ほとんどの場合がパラグラフの最初の文)と、その補足として具体的に書かれた部分を見分ける練習をしましょう。要約する際には要点をはじめに書いた上で、「これに関して以下のような意見がある」というように文章を構成して書く練習をしましょう。構成に関してはTEAP対策問題集の模範解答を参考にすると分かりやすいです。

TaskB(エッセイ)

ここでは、2種類のグラフと2種類の文章を読み、要約した上で自分の意見を書きます。以下の構成を参考にしてください。

また、与えられた英文に使われている単語だけでなく、自分なりの言葉で言い換えて書くことでより高得点を取れるようになるでしょう。そのために、同義語を知っておくと応用させることができます。単語帳には英単語の意味の他、似た意味を持つ単語が書かれているものがあるので、同時に覚えていくと良いでしょう。

スピーキング

ベッティ

TEAPスコア:95/100、CSE:B2、英検なら準1級、IELTSなら5.5~6.5くらいね。

〜スコア表〜

全体的なアドバイスと、以下の5つの項目にCEFR評価がされています。

・”Pronunciation”(発音)

・”Lexical range and accuracy”(語彙の範囲と正確さ)

・”Grammatical range and accuracy”(文法の範囲と正確さ)

・”Fluency”(流暢さ)

・”Interactional effectiveness”(やり取りの適切さ)

〜感想〜

社会的な問題についての質問が、普段あまり触れていなかった経済や道徳などの分野だったため、聞かれた質問に対して論理的な回答をすることができず、結果に全く自信がありませんでした。しかしリーディングやリスニングに比べて評価基準が甘く、スコアには響かず、酷い点数の公開を避けられたので少しホッとしました。

〜スコア75点以上を取るための勉強法〜

設問をしっかりと理解した上で、質問に対して明確に答えることが求められます。そのため、普段から世の中で問題となっていることに対して自分の意見を考えることを習慣づけ、発言する練習が必要でしょう。ディスカッションの授業があれば自分の意見を積極的に話す良い機会です。また、1人でも何かしらのトピックを決めて意見を英語で録音して聞いてみると良いでしょう。決して難しい英語を話す必要ないので、聞かれたことに簡潔に理由とともに答えられるように練習しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。詳しく試験を分析していくと、より高いスコアをとるためにできることはたくさんあると分かりました。社会的問題や普段馴染みのない医療、経済など、幅広い分野の英語に触れることで語彙力を増やすことができるでしょう。また、インプットだけでなくアウトプットの練習で、自分の意見を考えたり、口に出したりすることで、ライティングやスピーキングに生かすことができます。
TEAP利用型受験を使って他の受験生と差をつけ、合格を勝ち取るために、ぜひ今回のアドバイスを利用して300点以上を狙ってください!

  • 4技能試験対策スクール

タグ一覧

人気記事

1
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

2
学習法・勉強法

英検2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

3
学習法・勉強法

英検準2級二次試験の面接パーフェクトガイドを読め!

4
学習法・勉強法

読めば一発でわかる!英語の学習意欲を高める「英検CSEスコア」とは?

5
学習法・勉強法

英語で小論文を書きたい人必見!英作文が上手くなる3つの方法