» 【TEAP受験体験記vol.5】受験生が絶対に知っておくべき当日の流れと注意点

新テスト・英語民間4技能試験対策サイト

チャレンジ企画

【TEAP受験体験記vol.5】受験生が絶対に知っておくべき当日の流れと注意点

2017.12.08

近年、大学入試のための英語4技能試験TEAPは多くの私立大学で採用されています。とはいえ、TEAPは英検やTOEICと異なり知名度が低く、情報もあまり広まっていないのが現状です。その中で、TEAP利用型入試をより上手に活用し、合格を勝ち取るためには、試験がどのようなものなのか把握しておきたいですよね。

TEAP受験体験第5弾!TEAPを実際に受けてきました!

流れ 記事の内容  
TEAP CBT 第1弾 東京外語大生がTEAP CBTに挑戦してみる!  
第2弾 TEAP CBTを受験して気づいた当日の<要注意点>  
第3弾 CBTの結果発表!スコアの味方と弱点分析  
TEAP 第4弾 東京外大生が挑戦!〜申し込み方法と試験概要の解説〜  
第5弾 受験生が絶対に知っておくべき当日の流れと注意点  ←今ココ
第6弾 結果発表と試験の分析  
まとめ 第7弾 TEAP TEAP CBT比較   

試験当日の流れ今回は試験の流れと受けてきた感想をお伝えしていきます。試験の詳しい内容については、次回の結果発表後の記事で触れていく予定です。

今回の記事では、多くの人が気になるであろうポイントはベッティとのQ&A方式で、当日の流れとともにご紹介していきます。

ベッティ

私がみんなを代表して質問していくよ!

試験の流れは以下のようです。朝早くから午後まであるのでハードな1日でした。

 

会場

当日は晴れ!家から1時間以上かけて試験会場の東京外国語大学に向かいました。オフィスに参考書を忘れてしまったので、試験の流れを再確認できず、不安な気持ちでトボトボ……。せめてTEAPの試験情報がたくさんある「4skills」で試験について確認くらいしとけばよかったなあ。そんな私に朝日は眩しすぎました。

ベッティ

近くの駅から会場までの道は迷わず行けるの?

会場によっては迷うこともあるかもしれないので注意が必要です。今回は大学の敷地内には警備員さんが立っていて案内してくれましたが、駅から大学までの道のりには案内板もなかったので、「これでみんな分かるのかなあ」と思って歩いていました。一応、受験票には駅からの行き方が簡単に書いてありますが、心配な人は地図で調べておくと良いかもしれません。試験前に道に迷って、落ち着いて試験を受けられないのは避けたいですね。

 

会場に着いたら受験番号で振り分けられた教室に向かいます。
1つの教室には25人くらいの受験者がいました。もちろん受験会場内は高校生ばかり。教室は全部で7つくらい使用していたと思います。各教室に試験官は2人でした。優しそうな試験官で一安心。

携帯電話は終日使用禁止です。問題集もなければ携帯も使えず、することが無かった私は「試験終わったら何しようかな」とずっと考えていました。

 

ベッティ

集合時間のどれくらい前に行けばいいの?

私は15分前に着くように行きましたが、着いた時にはすでに教室には半分以上の受験者が集まっていました。教室はシーンとしていて、みんな問題集を開いて勉強していました。集合時間になると注意事項の説明が始まります。おそらく慣れていない会場に行くには、ある程度時間がかかると思うので、10分から20分くらい前に着くように、時間に余裕をもって行った方が良いと思います。

 

試験は、受験票や教室内に張り出されている注意事項の欄に記載されていますが、

・筆記用具(書くものは、HBの鉛筆かシャープペンシル)
・ラベルを剥がしたペットボトルに入っている無色透明の水

この2つのみ机上に出すことを許可されていました。ライティング試験を鉛筆で受けるのは、先が丸まったとき書きにくくて嫌なので、私はHBのシャープペンシルにしました。水は会場に向かう途中のコンビニで、ラベルが剥がせるペットボトルを買いました。普段は水なんて、もったいなくて買わないのに……。

私のいた教室は暖房がついていましたが少し寒く、隣の子を見るとひざ掛けをもっていて暖かそうだったので、「私も持って来ればよかったなあ」と思いながらコートを来て試験を受けました。

 

ベッティ

教室に時計はあるの?

私の教室にはありました。普段授業で使っている教室でしたが、そこはいつも時計のない教室なので、TEAP試験用に設置されたものなのだと思います。しかし、最後のスピーキング試験の教室には時計がなかったので、腕時計は持って行った方が良いかもしれません。

 

着席して準備。指定された席の机があまりにもガタガタしていたので、試験官に伝えたところ机を他のものと変えてくれました。気になることは試験開始前に聞いておきましょう。

リーディング

受験票の確認と、携帯電話の電源がオフになっていることを確認した後、問題冊子と回答用紙が配られます。受験番号や名前を記入後、時間になったら試験開始です。問題用紙にメモ欄が用意されているので積極的に活用しましょう。

 

ベッティ

試験中にトイレに行くことはできるの?

いけます。しかし、リーディング試験開始後30分経つまでは一度教室から出るともう一回教室に戻って受験することはできないみたいです。試験が始まる前に行っておいて正解でした!

 

リーディング試験とリスニング試験は冊子が同じですが、リーディング試験中にリスニング試験の問題を見ることはできません。先に問題をちらっと見たい気持ちはあると思いますが、ここは我慢してリーディングに集中しましょう!

リスニング

リスニング試験は、リーディングが終わって2分後くらいに始まります。音量チェックをしてから試験開始です。この2分間は、リスニングの準備をするだけなので、トイレに行く時間は設けられていません。また、リスニング試験中はトイレに行くことはできないので、やはりリーディング試験の前に行っておいた方が良いですね!

お昼休憩

リスニング試験が終わると1時間のお昼休憩です。「まだあと2技能もあるんだ」と思うと先が思いやられました。

 

ベッティ

昼食は教室で食べるの?友達と食べたりできる?

教室内で食べることも、外に出て食べることもできました。午後に向けての休憩なのでリラックスして過ごしましょう!とはいえ、周りはみんな受験生。ご飯を食べたら問題集で勉強している人ばかりでした。他の教室の友達と一緒に食べてる子もたくさんいました。携帯電話は使えず、問題集も持っていなかった私は、無心で教室でおにぎりを頬張りました。

 

会場内は終日携帯電話使用禁止なので、建物の外に出てからでないと携帯を使うことはできません。

ライティング

お昼休憩終了後、再度携帯の電源がオフになっているかチェックされた後、問題が配布されます。試験中、辞書や電子機器などは使うことはできません。

 

ベッティ

ライティング試験中はトイレに行くことはできるの?

できます。しかしトイレに行っている時間も試験は続いているので、時間制限に気をつけましょう。

 

試験時間内であれば、時間配分は自由ですが、2問書き終わるように自分なりのタイムスケジュールを立てて取り組みましょう。ちなみに私は1問目から順に解いていきました。お昼ご飯のあとで、眠くなりやすい時間だったので、これまで以上に集中力を保つのが大変でした。

スピーキング

スピーキング試験は教室を移動して行います。ライティング試験が終わったら、荷物をまとめて移動の準備をします。

注意事項やスピーキングテストの流れが書かれた紙と、携帯電話を入れて首から下げる黄色の「受験者証ケース」が配られます。携帯電話を入れて、首からぶら下げて試験を受けます。ちょっと重くて首が凝りそう。

受験番号順に教室を移動し、教室の前で身分証明証と受験票の確認をします。自分の順番が来たら、”May I come in?”と言って教室に入りましょう。移動した教室の前で順番が回ってくるのを待っている時間が緊張と寒さとで、とても長く感じられました。

 

ベッティ

Examiner(面接官)はネイティブスピーカー?

おそらくネイティブスピーカーでした。私のときはアジア系の女性で、アメリカ英語でした。英語はハキハキしていたので、聞き取りやすかったのですが、私の答えに相槌をうったり、簡単な反応をしたりしてくれなかったので、「私の英語は通じているのかな?」と心配になりました……。

 

試験中にメモを取ることはできません。

また、時計がないため、1分間など自分で測りたいときは秒針のついた腕時計をつけていくと良いでしょう。私は話しながら時計を見る余裕はありませんでした。チラッと一度時計を見ようとしましたが、秒針のついていない時計だったことに気がついて絶望しました。

 

ベッティ

質問が聞き取れなかった場合に聞き返すことはできるの?

可能です。注意事項には、「自然な流れの中であれば聞き返すことができます」と書いてあるので、”Could you repeat the question again, please?”みたいに聞いてみても良いかもしれません。何度も聞き返しすぎると次の質問に移ることもあるみたいなので、最終手段くらいに思った方がよいかもしれません。また、ゆっくり話すように頼んだり、質問の内容を確認したりすることはできません。

 

試験が終わったら、そのまま解散です。

スピーキング試験の手応えはあまりありませんでしたが、長い1日が終わったことが嬉しくて開放感に浸りながら、スキップで帰りました。

試験の感想と私からのアドバイス

ではここからは試験の感想を簡単に書きます。詳しい内容に関しては次の記事でお伝えします。

リーディング

・感じたこと

後半の長文問題に、医学的な内容のものがあり、普段使われない単語や、想像することが難しい描写が多かったため、何度も同じ部分を読み直し、かなり時間をかけてしまいました。専門的な内容の問題で時間を費やしてしまったため、最後の問題まで時間に余裕を持って取り組むことができず、駆け足になってしまいました。

私からのアドバイス

・分からない問題は飛ばして、得点を取れるところで稼ぎましょう。

・多少専門的な内容の問題でも、予備知識が少しあるだけで理解度はかなり変わってきます。医学分野・環境・社会問題・ビジネス・テクノロジーなど、普段からさまざまな分野に触れて知識を蓄えておきましょう。日本に関した問題より、国外の問題にも目を向けておきましょう。

リスニング

・感じたこと

質問される部分が、会話の最初や最後の一部分だけのときもありました。また、音声を聞き、グラフを見ながら、5つの質問に答えるという問題は、さまざまなところに同時に意識を向けなければならず、集中力が必要でした。

私からのアドバイス

・どのようなシチュエーションでの会話なのか、なぜその会話がはじまったのか、など内容だけでなく話し始めに気をつけて聞きましょう。

・問題に先に目を通しておいて、何を聞かれるか分かった上で挑むと注意すべき場所が明確になります。

・普段からメモを取りながら英語音声を聞く練習をして、重要なポイントを聞き漏らさないようにしましょう。

ライティング

・感じたこと

ライティング試験は、70分間で2問です。事前に、要約問題1問と、要約&自分の意見を述べる問題1問、という構成が分かっていた私は、時間に余裕をもって書き終えることができました。出題された分野は、社会的なトピックから取り上げられていました。

私からのアドバイス

・TEAP試験はあらかじめどのような問題が出題されるかわかっているので、テンプレートを用意しておきましょう。

・教育に関する問題や、社会的な問題でよく議論されるような問題(例:生徒の問題行動、電子書籍のメリット・デメリット)に日頃から目を向け、意見を考える練習をしておきましょう。

スピーキング

・感じたこと

面接官の英語ははっきりとしたアメリカ英語で聞き取りやすく、スピードも日常会話より遅めでした。しかし、私の発言に対して相槌や笑顔で反応してくれることはありませんでした。1分間で解答する問題では、教室に時計がないため自分がどれくらい話し終えたのか分からず、「まだ話したほうが良いのかな」と迷うことがありました。

私からのアドバイス

・1分の解答制限時間は、面接官だけに見えるiPadに表示されているようで、時間になると音がなり、答えている途中でも中断されてしまいました。時間が気になる人は秒針のついた腕時計を持っていくと良いかもしれません。

・スピーキング対策として練習をし、1分が体感で分かるようになると良いと思います。

・やはり社会的な問題に関して自分の意見を求められるので、日頃からアンテナをはっておく必要があります。

最後に

いかがでしたでしょうか。TEAP試験の当日の流れ、試験の大まかな概要に触れてきました。今回、TEAPを受けてみて感じたことは、どの試験でも共通して社会的な出来事に関した問題が出題されているということです。医学分野や、テクノロジー、化学分野など幅広く、またどれも普段から注意を向けていなければ馴染みにくい話題が取り上げられていたように感じます。予備知識が少しでもあるのと、全くないのでは問題の理解度だけでなく、解くスピードもかなり変わってくるため、ぜひ日常的に様々な社会的問題に目を向けておいてください。

NEXT→結果発表と試験の詳しい分析です!乞うご期待!!

タグ一覧

人気記事

1
4技能試験の概要/特徴

TEAPの概要・配点・難易度とメリット・デメリット

2
学習法・勉強法

読めば一発でわかる!英語の学習意欲を高める「英検CSEスコア」とは?

3
学習法・勉強法

英検®︎準2級二次試験の面接パーフェクトガイドを読め!

4
学習法・勉強法

英検®︎2級ライティング問題で7割取れる英作文を書く7つのコツ

5
学習法・勉強法

英検®︎3級二次試験は中1英語で合格!スピーキングでパニックにならないための面接シュミレーション!